制作事業

ヒトココチ研修ビデオ

  • LINEで送る
ヒトココチ研修ビデオ

今年の4月から週におおむね1本程度、ヒトココチ社内向けに研修ビデオを流しています。

  • YouTubeで約5分間
  • 4つの事業所の共通理解
  • 新しいスタッフへの対応

去年の春あたりから、全社そろっての会議が難しくなってきました。そこへきて、コロナ禍が「リアルな」ミーティングの開催を難しくしています。

そうでなくても現代人は忙しいので、ここはすき間時間を使った「マイクロラーニング」を取り入れようと考えました。

具体的にはこんな感じです。

ヒトココチ研修ビデオ「研修ビデオをはじめます」

今週は2回ほど、社内で「リアルな」研修を担当します。その際も、YouTubeとGoogleスライドで資料を作り、Slackであらかじめ「これ見といてください」とするようにしました。当日の時間は質疑応答に充てようと考えています。

N高等学校・S高等学校ミネルバ大学など、授業に関していえば、オンラインで十分というか、むしろオンラインが勝るとすらいえます。

問題は、オンライン授業を受ける力をどうつけるか。言い換えれば、どうすれば抽象化・記号化された世界についていけるのかということです。

が、ここは論文を書く場所ではないので、この問題はいつか「みかん箱」の話をするときにでも触れたいと思います。

マイクロラーニングの弱点として考えられるのは、

  • 深く掘り下げられない
  • 記憶に定着しない
  • なんだかんだで、「会ってる」ことにはならない

とういことです。リアルで「わぁ久しぶり!」ってなったとしても、オンラインでそんな感情、めったにわいてこないからな。

いずれにしても、それぞれの持ち場で最大限の力を発揮できるよう、支援していきたいと思います。

関連リンク

  • LINEで送る