Skip to content

ひのき屋の音楽公演事業

芸術鑑賞や公演企画でお困りのことはございませんか?

制作から実施まで責任をもってサポートいたします

ひのき屋のわいわい音楽会

ひのき屋のわいわい音楽会

幼稚園・保育園・認定子ども園、小学校向け

子どもたちがほんとうに楽しいと思えるような、常に笑顔の絶えない公演に挑戦しています。笛や太鼓による演奏のほか「まねっこ太鼓」「ピンポン玉実験」など体験型の演目も用意しています。体育館で実施可能、特別な機材も不要で主催者に負担がかからず、費用対効果が極めて高い内容です。初演は2008年11月。

  • 北海道こども舞台・北海道企画資料掲載作品
  • 北海道教育委員会・巡回小劇場掲載作品
  • 北海道文化財団・公演企画資料掲載作品

配布中の印刷物 - PDF

IP-2018_5-Hinokiya-UtaOdo_A4-1

ひのき屋ライヴ

中高生、一般・親子連れ、各種イベント・余興向け

多彩なオリジナル曲で、会場をにぎやかに包みこみます。インストルメンタル曲や唄のほか、最近では世界各地のフォークダンス曲にも取り組み、一体感に磨きをかけています。また、欧州、東欧、南米ツアーの様子をスクリーンに上映することで、フェスティバルの気分を存分に味わっていただきます。

  • 北海道教育委員会・巡回小劇場掲載作品
  • 北海道文化財団・公演企画資料掲載作品

配布中の印刷物 - PDF

ひのき屋について

プロフィールやメンバーにつきましては、ひのき屋オフィシャルウェブサイトをご覧ください。

公演の依頼から完了まで

公演の依頼から完了するまでの流れをご覧ください。

1. 日程の提案

ご希望の日程をお問い合わせください。例年9月から10月までは繁忙期にあたりますので、早めのお問い合わせをおすすめします。

お問い合わせの際は情報として次の点をそえていただければ、以後の手続きを円滑に進めることができます。

  • 主催者について:法人・団体名および担当者様のお名前、連絡先など
  • 会場について:園舎内ホール、体育館、公共ホール、屋外など
  • 予算について:例年開催されている事業であれば目安となる予算規模など
もっと詳しく

2. お見積もり

日程と並行して費用のお見積もりを行います。

公演に必要な費用(公演料)の項目は主に次のとおりです。

  • 出演料、交通費および機材等運搬費、音響照明費、進行管理費 …(1)
  • 会場および付帯設備使用料、楽屋使用料、広告宣伝費 …(2)
  • その他主催者様が必要と認める費用(弁当代等) …(3)

保育園・幼稚園・認定こども園、小学校・特別支援学校、地方公共団体・教育委員会が主催する公演につきましては、おおむね(1)の費用が見積もりに含まれます。

効率よく各会場を巡回(ツアー)するため、日程に応じて費用の増減を生じることがあります。一般論としては日程の指定が特になく、所属事務所の提案にそっていただけると費用の縮減につながります。

3. 契約の成立

日程と見積もりで折り合いがつきましたら、契約の手続きを進めます。

  1. 保育園・幼稚園・認定こども園、小学校・特別支援学校が主催する公演につきましては、所属事務所から送付される見積書および公演取引基本約款を承諾していただきます。別途契約書が必要な場合はお申し付けください。
  2. 地方公共団体・教育委員会が主催する公演につきましては、原則として契約書を作成いたします。主催者様でご用意される際はご連絡ください。入札等の手続きが必要な場合はお申し付けください。

4. 打ち合わせ

公演日の1〜2か月前から当日の打ち合わせを行います。

打ち合わせの項目は主に次のとおりです。

  • 入り時間、リハーサル時間、開場開演時刻、終演時刻、撤収完了時刻
  • 出演者・関係者の人数、車両の数
  • 控室、必要機材等

5. 公演当日

当日は入り時間に伺い機材等の搬入を行います。

6. お支払い

公演料は当日申し受けます。後日振込をご希望の場合は、あらかじめご連絡ください。
地方公共団体・教育委員会が主催する公演につきましては、契約書で定めた方法によります。

よくある質問

全般

Q. どんな曲をやりますか?

A. オリジナルの唄、世界のフォークダンス曲、ねぶた囃子、たいこの曲など、多彩な世界が次々に繰り出されます。

Q. 体験型ですか?

A. 曲に合わせて手拍子やかけ声、さらには、一緒に歌ったり、踊ったりする参加型です。小学校公演では、何人かの児童に、たいこに挑戦してもらうコーナーもあります。

Q. 低学年、高学年は分けますか?

A. 低学年も高学年も同じ空間で、一緒に楽しんでいただける内容になっています。

Q. 何名で来られますか?

A. 演奏者5名にスタッフが1〜2名で伺います。

幼稚園・保育園のホール、小学校の体育館で行う場合

Q. ステージは使いますか?

A. 音の臨場感をからだ丸ごとで味わってもらうために、ステージは使わず、児童と同じ床面で演奏します。

Q. ゴザは敷きますか?イスは?

A. 床に直座りの方がたいこの振動を直接感じていただけるのでおすすめです。また随時立ち上がって踊ってもらう場面があり、イスや敷物はない方がスムーズに進められます。

Q. 大きな音の苦手なこどもがいるのですが…?

A. 音の苦手な児童さんがいらっしゃる場合、事前に仕込みやリハーサル風景などを見学していただくことも可能です。

Q. 保護者・地域の方の鑑賞はできますか?

A. 保護者・地域の方の鑑賞は歓迎しています。

Q. 学校側で公演に際し用意しておく物はありますか?

A. 音響と照明の機材はこちらで持ち込みます。長机2本のみお借りします。

Q. 体育館の暗幕は使用しますか?

A. 使用可能な場合は利用することもあります。その場合、当日こちらで対応します。

資料映像

子どもから大人まで。幅広い世代に愛されるひのき屋の演奏の様子。
北海道文化財団主催「舞台芸術情報フェア」で上映した内容と同じです。
(HAF-2013-Presen-4)

資料映像

2015年、はこだて国際民俗芸術祭。最終日の様子。
ひのき屋とともに、タカパーチ、三田健司が演奏しています。
(Hinokiya-WMDF-2015-Koinobori-1)


ブランドリソース

ひのき屋ロゴ

ひのき屋ロゴ

ひのき屋のわいわい音楽会アーティスト写真

アーティスト写真

ガイドライン

このページからダウンロードできるブランドリソースの使用にあたっては、次のガイドラインに同意しているものとみなします。本ブランドリソースは、あらかじめ株式会社ヒトココチ(以下、「所属事務所」といいます。)に許諾を得た表現目的において使用することができます。ガイドラインは常に順守する必要があり、違反した場合はブランドリソース使用に関するライセンスが自動的に終了します。

  1. ひのき屋のブランドリソースに対して、所属事務所が認めた場合を除き、比率、色、形の変更、要素の追加や削除その他の変更を禁じます。
  2. ひのき屋のブランドリソースが単独で表示されるように、関連のないビジュアル、グラフィック、テキスト等の間には、上下左右に適切な余白をとってください。
  3. 所属事務所の書面による許諾を得た場合を除き、ひのき屋のブランドリソースは、ひのき屋によるスポンサーシップまたは公認を示唆するような方法で使うことを禁じます。
  4. ひのき屋の信用を損なったり、損なう可能性のある方法で、ひのき屋のブランドリソースを使用することを禁じます。

所属事務所は、自己の裁量により、通告なしにガイドラインを修正・変更し、ライセンスを終了させる権利を有します。ひのき屋のブランドリソースの不正使用または不適切な使用に対しては、然るべき措置を講じます。ご不明な点は、所属事務所までお問い合わせください。

お問い合わせ

ひのき屋に依頼する前に解決したい疑問点、依頼した後の具体的な制作手順など、ご不明な点はございませんか? 遠慮なくお問合せください。